安全・安心かつおいしいコンニャクの製品づくりには、良質な原料が欠かせません。原料事業部では、最新鋭設備の導入で高水準の原料生産プラントを持つオリヒロマテリアルと緊密に連携しながら、高品質・高純度のマンナンを安定してお客様に供給するとともに、培ってきたノウハウをもとに新タイプのマンナンを開発するなど新たな可能性の開拓にチャレンジしています。
独自の研究で、これまでにない食感や特徴をもつ
食品づくりに貢献。

蒟蒻芋の主成分である「グルコマンナン」は、直鎖型の高分子多糖体としての保水力などから食品の増粘材としても注目を集めています。原料事業部では、コンニャク独特の匂いをカットすることに成功したティマックマンナン」をさらに水で溶解してゲル状とし無菌包装した「AFマンナン」を商品化するなど、これまでにない食感や特徴をもつ食品づくりにも貢献しています。

AFマンナン
原料事業部と一体となってコンニャク原料の安定供給に大きな役割を果たしているのがオリヒロマテリアルです。最新鋭設備を導入した原料生産プラントをもつ工場を完備。生イモの乾燥から製粉・研磨、配合、品質検査、低温保管までの一貫体制で、高品質・高純度のマンナンを効率よく生産しています。

オリヒロマテリアル株式会社




(C) 2004 ORIHIRO Co.,Ltd. All Rights Reserved.